愛車VWゴルフの整備の事、ツーリング、 ドライブミュージック、GOODSなど、 勝手気ままに綴っていきます(笑)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
五木寛之さんの小説です。
知ってる人はけっこうなお歳のはず^^;

昭和60年ごろ、ベストカーに連載されてた小説なんですが、
単行本はハートカクテルのわたせせいぞうが表紙の絵を描いてて、なかなかトレンディな(死語?)小説でした。

コミックや雑誌を整理してたら、
懐かしくてつい読みふけってしまいました^^;

当時、憧れのクルマたちがいっぱい出てきて、
その一行のアシになるわけですが、
冒険とミステリー、そして男と女とクルマ、
免許取りたての僕にはとても面白く、
内容がマンガチックな所もあって、すぐに夢中でした(笑)

五木寛之さんの小説にはクルマが準主役のものが結構ありますね。メルセデスを題材にしたものとか。
(このころからカッコつけてベンツをメルセデスと言うように^^;)
特に、「雨の日には車をみがいて」という小説はとても好きで、
これを読んでからは、WAX掛けた翌日とかに雨が降っても凹まなくなりました(笑)

最近、小説読んでないなぁ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
2005.05/01(日) ど~もです(^^)[かたつむり飼い]
2005.05/01(日) 雨の日にはクルマを磨いて[だ~にし]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://worksm.blog8.fc2.com/tb.php/30-f7ab84c0
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。